インプラントとは何か?

歯を失った時に、行なう治療として最近注目されているのがインプラント治療です。インプラントに関して知識を持っていない方は、まだまだたくさんいます。なので、インプラントに関する情報をまとめていくので、確認して下さい。

インプラント治療に使われるパーツ

  • 人口歯
  • アバットメント
  • インプラント体

[PR]
東京で入れ歯にしよう!
料金をかけたくないあなたへ★

インプラント治療がで得られるメリットを確認しよう

インプラント

どのような治療法?

千葉や大崎で行われているインプラント治療は、顎の骨にインプラント体と呼ばれるボルト状の金具を入れていきます。そして、インプラント体に人口歯を取り付けていきます。ですが、インプラント体の種類によっては、支台部(アバットメント)を噛ませる必要があります。

本物の歯に近い構造

歯を失った時に行なう治療は、ブリッジや義歯がありました。ですが、それらの治療法よりも本物の歯に近い構造をしているインプラントは、使用感に優れています。ブリッジとは違いひとつひとうつの歯が独立する形になるので、他の歯へ負担がかかることはほとんどありません。

手術が必要

インプラント治療は、顎の骨にインプラント体を埋める必要があるので、骨を削ります。なので、外科手術を行なうことになります。健康な状態であれば、インプラント治療を受けることができますが、全身状態がよくない場合は、治療をやめた方がいいでしょう。また、顎の骨が成熟していない10代の方も手術を断られることがあります。

勝どきの歯医者を利用

[PR]
審美歯科を大阪で利用
歯並びを整えてくれる

インプラントに関するよくある質問

インプラントにはどのような材料が使われていますか?

噛むという行為は歯に対してとても負担がかかります。その負担に耐え切れるように、チタンまたはチタン合金が使用されています。とても強度が高いので、手入れを怠らないことで、半永久的に使用していくことができると言われています。

インプラント治療のメリットを教えてください

歯根と同じ役割を果たすインプラント体を顎の骨にがっちりと固定することができます。他の治療法では、残った周りの歯を削って被せ物をしたり、残った歯に装置を付ける必要もありません。なので、残っている歯を大切にしながらも新しい歯を手に入れることができます。

歯周病になっていてもインプラント治療は受けられますか?

例え歯周病になっていたとしても、インプラント治療を受けることはできます。ですが、インプラントの残存率が下がるといわれているので、あまりおすすめするこはできません。一番イイのは、しっかりと歯周病治療をしてからインプラント治療を行うことです。

手術中に痛みは伴いますか?

インプラントを埋め込むときには、局所麻酔を使用しているので、痛みを感じることは少ないでしょう。もしも、痛みを感じてしまった場合でも、麻酔医がいると静脈内鎮静法をとることができるので、痛みを無くすことが可能です。

どのくらいの治療期間になりますか?

インプラント治療を行なう期間には個人差があります。また、治療の進め方によっても大きく変わるので、掛かり付けの歯科医師に聞いて見るといいでしょう。

[PR]
矯正歯科は渋谷の病院が良い!
日曜日でも受けられる♪

東郷町の歯医者に行こう!

熊本市で歯医者さんを利用しよう