ホントは怖い歯周病!気づいたらすぐに歯医者へ

ホントは怖い歯周病!気づいたらすぐに歯医者へ

歯の治療

怖い歯周病

歯周病は、歯を覆っている歯肉に炎症が起きてしまう病気のことですが、放っておくとどんどん症状が進行していしまいます。歯周病によって口臭が歯周病独特の嫌な臭いになってしまうこともあります。

歯

原因

歯周病になる原因としては、歯に付着している細菌が原因とされています。この細菌が、歯と歯肉の間に入り込み、歯を支えるために機能している組織をだんだんと壊してしまいます。それにより歯を支えている機関は、一度破壊されてしまうと再生していくことができないので、とても厄介な病気です。

歯医者

早めに気づくことが大切

歯周病治療では、症状の進行を止めることはできますが、破壊された組織を修復することができません。なので、なるべく早い段階で治療を行なう必要があります。歯周病は自覚症状がほとんどないので、治療に行く時にはもう症状がだいぶ進行しているということが多いです。それを防ぐためには、一年に一回など定期的に勝どきや熊本市の歯医者へ行くことをおすすめします。

歯周病と歯槽膿漏の違いを知ろう

歯周病

歯周病は、先程も紹介したように歯肉に炎症が起きてしまう病気のことを指しており、主に歯肉炎と歯周炎に分けられます。比較的軽い症状がでている状態が歯肉炎で、重い症状が出ている状態のことを言います。

歯槽膿漏

歯槽膿漏は歯周病が進行してしまい、歯茎から膿が出てきている状態のことを指しているので、重たい状態のことを指しています。基本的に歯槽膿漏も歯周病という言葉に含まれていると考えられています。